姿勢の改善になぜ3ヶ月必要なの?|治療してもまたすぐ痛くなる方、ぜひ【はちおうじ整骨院】の骨盤矯正・交通事故治療をご体感ください。

姿勢の改善になぜ3ヶ月必要なの?

2020年07月13日 15:49:45

骨盤矯正や猫背矯正には、当院では約3ヶ月は治療期間として時間を頂いています。
特に、姿勢を改善するために矯正をするのであれば、この約3ヶ月間どの位しっかりと施術ができるかがとても重要になります。
もちろん続けるのも、自己判断でやめるのも自由です。


では、なぜ約3ヶ月も必要なのか?
骨の細胞は約3ヶ月かけていい方向へも悪い方向へも破壊と再生が繰返されるからです。
「前日まで姿勢が良かったのに翌日朝起きたら途端に姿勢が悪くなっていた」なんてことはないですよね?
逆も同じで「姿勢の悪い人が翌日急に姿勢が良くなっている」なんてことはありません。

この約3ヶ月の周期で常に細胞は破壊と再生が繰返されています。
悪い姿勢のまま生活をしていればそのままどんどん悪い方向へ進行していきますし、矯正をしかっりやっていけばその分いい姿勢になるための破壊と再生をします。
この破壊と再生は少しずつしかおこなわれないので、時間がかかり、悪い姿勢であればあるだけ、来院ペースもしっかりと守らなければならなくなります。

もちろん、続けるように強要したりすることはしません。
費用も時間もかかるものです。
続けて理想的ないい姿勢に近づくのも、やめて時間とお金だけを浪費するのも自由です。
アナタが途中でやめても、私のカラダが悪くなるわけでも、時間とお金を無駄に浪費するわけでもないので自由にしていただいて結構です。
ただ、しっかりとご来院いただいている間は、できるだけアナタの望む理想に近づくようにご協力させていただきます。

細胞の破壊と再生は常に行われます。
矯正をしていて、姿勢が良くなっていれば話は変わりますが、悪い姿勢を改善している最中に来院ペースが空いたら空いた分、理想に近づこうとしている細胞が悪い方へ破壊と再生がおこなわれているかもしれないと思っていただかなければいけません。
姿勢の改善はアナタの日常生活の癖なども絡んでくるのでちょっとやそっとでは改善しません。
アナタの通院の仕方一つで理想とする姿勢にも、悪い姿勢にもなってしまいます。

また、最後になりますが、矯正で勘違いしていただきたくないのは、矯正は痛みにフォーカスしておこなってはいません。
常態化した不調や慢性痛などの原因になっているカラダにかかる余計な負担を減らすために矯正をします。
痛みにフォーカスしてしまうと痛みが治まったら終わりとなり、それでは矯正本来の目的からズレてしまいます。
痛みが治まっていたとしても約3ヶ月は細胞が一新されません。
痛みを起こりにくい状態にしたいから矯正をするという人が、痛みが治まったら終わりにしたのでは、目的が「痛みを起こりにくい状態にしたい」のではなく、「今ある痛みを落ちつけたい」に変わってしまいますので、治療期間中に「もういいかな」と思ったら今一度自分はなんのために矯正をしているのか自問自答してみてください。

一覧へ戻る

はちおうじ整骨院

0835-28-1611

【営業時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00(最終受付20:00)
【定休日】水曜日の午後・日曜日・祝日

予約優先制です

はちおうじ整骨院

ページの先頭へ